DMSOって?

DMSO(ジメチルスルホキシド)は日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、米国では膀胱炎の治療の再に使われる医療用医薬品です。

DMSOは透過性に優れている

DMSOは「皮膚を透過して体内に入り込む」という性質を持ちます。
そのため、経皮型の医薬品として用いられることが多くあります。

この透過性に加え、何でも溶かす溶媒としての性質も持っています。
つまり、DMSO以外の医薬品を皮膚から体内に取り込むさいのキャリアーとして用いることができます。

このキャリアーとしての性質こそが、DMSOをケミカルPEの主役としているのです。

DMSOのほかの性質

使用法
患部に直接塗る、またはジュースなどに混ぜて服用する。

効能

  • カビ菌感染で起こる皮膚の病気
    • 水虫、たむし、インキン
    • 乾癬
    • ニキビ
  • ウイルス感染を含む感染症、耐性菌の抗菌薬耐性を弱め、抗菌薬が効くようにする
  • アルツハイマーを引き起こす(とされている)アミロイド蛋白の分解
  • アルツハイマーや他の認知症の改善、予防
  • リューマチの(痛みの)改善、ないし治療
  • スポーツ傷害、交通事故などによる怪我
  • 脳の怪我、損傷によるダメージの軽減
  • 頭痛
  • やけど
  • 癌治療において、健康な細胞を守り、抗癌剤の効き目は逆に強める
  • アミグダリンとの組み合わせでの癌の治療
  • 腱鞘炎
  • 肝硬変
  • 糖尿病および糖尿病性神経症

ケミカル開始

数日前から、ある薬品を使用しはじめました。

いくつかの情報から、この薬品を塗ることで「白膜を柔らかくすることができる」ということがわかり、実践しはじめました。

ただし、詳しく見ると何種類かの方法があるようて、どれを試すべきか判断に迷います。

ひとまず最もスタンダードなところからスタートしようと思います。

DMSO

正式名称「ジメチルスルホキシド」

先日紹介したサイトでも、かなりメジャーなようです。

本来は他の薬品と混ぜて使うもののようですが、ひとまず肌に合うかどうかを試すために、そのまま塗るところからはじめました。

どうやら、使い方によって毒にも薬にもなるものです。
扱いには十分注意しましょう。

What is that? どんな商品?

本来は液体のようですが、扱いが難しそうなのでゲル状のものを使います。

濃度もいろいろあるようです。

具体的な商品名は、検証が済んでからの紹介にしたいと思います。

How can I put on? | どうやって塗るの?

手で触るのはよくなさそうです。

金属のヘラを使うことにしました。
本当はガラスが良いようですが。

How long? | どれくらいの時間塗るの?

次の問題は、「何分塗った状態にするの?」
というのも、ゲル状なので、そのまま塗りっぱなしにはできないのです。

これもいろんな情報があるので、検証してから書こうと思います。