Soft glans syndrome(柔らかい亀頭症候群)

シャフト(陰茎)が大きく硬くなるにつれて、Glans(もしくはKnob、亀頭のこと)が柔らかくなってしまうことが良くあります。亀頭だけ勃起していないかのような状態。

これを Soft glans syndrome (柔らかい亀頭症候群)と呼びます。

以下のスレッドは役に立ちそうです。
Collecting information about Deflated or Soft Glans treatments
https://www.thundersplace.org/injuries-treatments/collecting-information-about-deflated-or-soft-glans-treatments.html

基本的に、PC筋が鍛えられていない状態だと、陰茎背静脈を十分に締めることができず、海綿体に血を止めておくことができません。
また、トレーニングを開始して少しずつ結果がではじめると、フル勃起時にも亀頭が柔らかい状態になることがあるようです。これは、陰茎の増大にPC筋の増大がついていっていない状態だと思われます。

一部の情報ではサプリメントで改善するとも言われていますが、まずはPC筋とレーニングを行うことをお勧めします。

DMSO だけを1週間ためしてみた結果

少し熱傷のようなものが。
軽いかさぶたですね。

見やすく画像加工するとこうなりました。

2日間ほどで、すぐになくなりました。

皮膚は全体的にゴワゴワしていますが、平常時は若干やわらかくなっている気もします。ポンプ等のトレーニングはまだしていないので、最大径は変わりません。

Thunder’sPlace

PE のメッカ!

サンダースプレイス。Yeah!
Thunder’sPlace

PE は P— Enlargement の略。Enlargement は [名:大きくすること] ですね。直訳すると「アレを大きくすること」となり、日本語でいうチxトレ。

なにせ 2016年8月22日 時点で 15周年!
まもなく16周年目に入ろうというところ。

16年、トレーニング。
どんだけ増大してるんだろうか。

どの情報を見ればいいの?


Thunder’sPlace
まずはアクセスしてみましょう。

すごい量の情報でしょ?
このサイト、大量の情報があって、どれを見たものか迷います。

そして、がんばって読んだとしても、本当かもどうかわからない。

ただ、このサイトはいわゆる掲示板形式で、ほとんどの記事に対してたくさんのコメントが寄せられています。
だからちゃんと読めば真偽も判断しやすいかもしれません。

PE のためのデータも豊富

こんな記事はどうでしょう?
Average Gains and Starting Measurements

「平均増大値とスタート時点の計測値」

たくさんのグラフがありますね。

参加者が多いサイトだし、ウソ情報をあげても自分のためにならないので、計測値は信用しやすいのではないでしょうか?

次回はこれを、わかりやすく説明してみるかな。

スタート!

英語の情報が多いケミカルPE(P—- Enlargement[名:大きくすること])を翻訳し、実践してみます。

ケミカルって危なくないの?

ケミカルPE。

いろんな薬品を使って、大きくしてみましょう、というものです。

薬品って、そんなの使って危なくないの? と思われるかもしれませんが、海外では成功されている方も多くいます。
もちろん日本でも。

日本語の情報がない!

ただ、日本語の情報がぜんぜんない! 少なすぎる! 
あった! と思ったら情報教材誘導だったり、もうなんどガッカリしたことか。

海外発のものなので、やはり英語で調べたほうが情報が出てきます。
成功例も失敗談も。

なので、それらをわかりやすくかみくだきつつ、紹介していければと思います。