DMSO だけを1週間ためしてみた結果

少し熱傷のようなものが。
軽いかさぶたですね。

見やすく画像加工するとこうなりました。

2日間ほどで、すぐになくなりました。

皮膚は全体的にゴワゴワしていますが、平常時は若干やわらかくなっている気もします。ポンプ等のトレーニングはまだしていないので、最大径は変わりません。

MSM を飲む

MSM(メチルスルホニルメタン)は自然界にもある有機硫黄化合物。
人体にも、皮膚・爪・髪・軟骨などいろんな部分に含まれています。

代表的な効果

  • 関節炎・筋肉痛を和らげる
  • アレルギーを抑える(花粉症にもいい)
  • コラーゲンの合成を助ける
  • 膀胱炎の改善
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用

広くアンチエイジング効果、美容効果とも言えそうですね。

1日の摂取量は?

1日あたり1〜3g(1000〜3000mg)となっています。
NOW社のカプセルでは、1粒あたり1000mgなので、1日3粒が目安となります。

It is recommended that a person take 500 mg. MSM for every 30 pounds of body weight. Using a 500 mg. capsule, a 150 pound person could take five capsules, or 2500 mg.

引用元:https://www.thundersplace.org/male-supplements/any-positive-results-with-msm.html

こちらによると、30ポンド=13kgにつき500mgを推奨しています。
体重60kgだと132ポンドなので、2000mgですね。

I have discovered three common mistakes people make when they take MSM, which is why some don’t feel it is effective. They don’t take enough of it, they don’t take it frequently enough or they don’t use it with Vitamin C.

MSM is used up in approximately 12 hours. Therefore, you need to take it twice a day. So the 150 pound person would take five capsules twice a day.

引用元:同上

12時間以内に吸収・使用されるので、12時間ごとに上記の推奨量を飲むのが良いとのこと。つまり60kgの人は、12時間ごとに2000mg = 4000mg です。
少し多い気もしますが、植物由来で自然にも存在し、そもそも人体にもある成分のため、過剰摂取による副作用はほとんどないといって良さそうです。

it is suggested that half as much Vitamin C as the amount of MSM be consumed to make the MSM utilizable. In the above example, that means 1250 mg. of Vitamin C.

引用元:同上

ビタミンCと一緒に撮るとよいという説です。
MSMを使用する際にMSMの半分の量のビタミンCが使われるとのこと。なのでビタミンCも摂取したほうが良さそうです。

MSMは他のサプリメントや医薬品との併用も問題なし。

なぜペニスに効くの?

靭帯や関節をやわらかくする効果があることから、ペニスの白膜・筋膜をやわらかくすることを期待して飲む方がいるようです。
また、MSMクリームを塗って経皮摂取する方も。

基本的にはDMSOと似た効果のようですが、細かい点はさらにリサーチの必要を感じています。

ED治療薬 シアリスについて

シアリスは第3のED治療薬と言われています。
第1がバイアグラ、第2がレビトラですね。

前の2つと違いとしてあげられるのは以下の通り。

  1. ゆるやかな効き目
  2. 効果時間が長い(最大36時間)
  3. お酒や油ものによる効果の阻害が少ない(ないわけではない)
  4. 副作用が少ない

条件が厳しかったバイアグラ・レビトラに代わり、もっと扱いやすくなっています。

「ウィークエンドピル」という異名もあるようです。週末に飲むと、休日一杯まで効果があるからですね。名前から、カジュアルに使っていることも想像できます。

シアリスの有効成分

有効成分はタダラフィル。
5型ホスホジエステラーゼ阻害剤と呼ばれるものの一種です。バイアグラ、レビトラも同様です。

血管が拡がることを邪魔してしまっている酵素(PDE-5)を阻害することで陰茎の血流量を増やす効果があります。

シアリスのジェネリック

シアリスの正規品はやはり高いので、ジェネリックを探しました。

1錠350〜400円ほどで手に入ります。

10mg から効果があるようなので、1錠20mgをピルカッターで半分にして服用しました。

シアリスの効果は?

性行為の1時間前に飲むように説明書にありますが、もう少し間をおいたほうが効きが確実に感じました。

食前と食後では違うでしょうし、個人差もあると思いますが、効果時間が長いので早めに飲んでおくのが良さそうです。

私の時間としては36時間どころではなく、もっと長く、48時間程度は効果を実感しました。

増大との関係は?

ケミカルPE では、ケミカルで白膜を柔らかくしたところに、強制的に長時間の勃起(高い内圧)と外圧(真空状態にするポンプなど)を加えることがキモになります。

勃起しやすくする、というのは必須条件です。

しかし、痛くなるほどの勃起ではないので、シアリスだけでは増大効果は期待できないと思います。

ポンプなどと併用することが必要でしょう。

また、低容量のシアリス(5mg)を毎日服用するという方もいるようです。
長期服用(4週間以上)で、細胞が一酸化窒素を産生する能力を増強され、それはシアリスの有効成分が排出されてしまっても持続するため、結果的に「若返り」の効果があるとか。
日本では毎日の定期服用は承認されておらず、あくまで性行為の1時間前に飲むことが推奨されていますが、アメリカと欧州では承認されているようですね。

自己責任での服用になりますが、若いときの勃起のしやすさを取り戻せると、さらにペニスの成長も期待できそうです。

ケミカル開始

数日前から、ある薬品を使用しはじめました。

いくつかの情報から、この薬品を塗ることで「白膜を柔らかくすることができる」ということがわかり、実践しはじめました。

ただし、詳しく見ると何種類かの方法があるようて、どれを試すべきか判断に迷います。

ひとまず最もスタンダードなところからスタートしようと思います。

DMSO

正式名称「ジメチルスルホキシド」

先日紹介したサイトでも、かなりメジャーなようです。

本来は他の薬品と混ぜて使うもののようですが、ひとまず肌に合うかどうかを試すために、そのまま塗るところからはじめました。

どうやら、使い方によって毒にも薬にもなるものです。
扱いには十分注意しましょう。

What is that? どんな商品?

本来は液体のようですが、扱いが難しそうなのでゲル状のものを使います。

濃度もいろいろあるようです。

具体的な商品名は、検証が済んでからの紹介にしたいと思います。

How can I put on? | どうやって塗るの?

手で触るのはよくなさそうです。

金属のヘラを使うことにしました。
本当はガラスが良いようですが。

How long? | どれくらいの時間塗るの?

次の問題は、「何分塗った状態にするの?」
というのも、ゲル状なので、そのまま塗りっぱなしにはできないのです。

これもいろんな情報があるので、検証してから書こうと思います。

Thunder’sPlace

PE のメッカ!

サンダースプレイス。Yeah!
Thunder’sPlace

PE は P— Enlargement の略。Enlargement は [名:大きくすること] ですね。直訳すると「アレを大きくすること」となり、日本語でいうチxトレ。

なにせ 2016年8月22日 時点で 15周年!
まもなく16周年目に入ろうというところ。

16年、トレーニング。
どんだけ増大してるんだろうか。

どの情報を見ればいいの?


Thunder’sPlace
まずはアクセスしてみましょう。

すごい量の情報でしょ?
このサイト、大量の情報があって、どれを見たものか迷います。

そして、がんばって読んだとしても、本当かもどうかわからない。

ただ、このサイトはいわゆる掲示板形式で、ほとんどの記事に対してたくさんのコメントが寄せられています。
だからちゃんと読めば真偽も判断しやすいかもしれません。

PE のためのデータも豊富

こんな記事はどうでしょう?
Average Gains and Starting Measurements

「平均増大値とスタート時点の計測値」

たくさんのグラフがありますね。

参加者が多いサイトだし、ウソ情報をあげても自分のためにならないので、計測値は信用しやすいのではないでしょうか?

次回はこれを、わかりやすく説明してみるかな。

スタート!

英語の情報が多いケミカルPE(P—- Enlargement[名:大きくすること])を翻訳し、実践してみます。

ケミカルって危なくないの?

ケミカルPE。

いろんな薬品を使って、大きくしてみましょう、というものです。

薬品って、そんなの使って危なくないの? と思われるかもしれませんが、海外では成功されている方も多くいます。
もちろん日本でも。

日本語の情報がない!

ただ、日本語の情報がぜんぜんない! 少なすぎる! 
あった! と思ったら情報教材誘導だったり、もうなんどガッカリしたことか。

海外発のものなので、やはり英語で調べたほうが情報が出てきます。
成功例も失敗談も。

なので、それらをわかりやすくかみくだきつつ、紹介していければと思います。